関連リンク集

AGAに効く育毛剤とは

AGAに効く育毛剤について解説しています。今現在、AGAと育毛剤の両方に興味関心があるという貴方は必見です。

 

20代のハゲの原因と対策について

20代男性のハゲの原因とその対策についてくわしく解説しているサイトです。今現在、20代なのにハゲに悩んでいるという貴方は必見です。

 

日本臨床医学発毛協会

日本臨床医学発毛協会の公式サイトです。発毛医療における臨床研究と、普及の推進を目標とした非営利団体です。

 

脱毛症 – Wikipedia

脱毛症への対策方法です。恐らく脱毛症の対策でスキンヘッドを真面目に推奨しているのは多分ここくらいです。実際にAGAがめちゃくちゃ進行したらスキンヘッドしかないと思います。

 

agaと抜け毛について

前まではなんとも思わなかった抜け毛がある日を境に急に量が増えふと鏡を除くとその部分が薄く…
そんな考えるだけでもぞっとするような光景、実はAGAが原因かもしれませんよ?
AGAとは「男性脱毛症」とも呼ばれ主に前頭部や後頭部、頭頂部等にかけて抜け毛や薄毛が進行していく症状です。
一度進行が始まると悪い意味で留まる事を知らず、最終的には毛は産毛程度の短さに見た目はほぼ地肌しか無いほどのハゲになりかねません。
その進行を止めるには「プロペシア」「フィンペシア」「ミノキシジル」と言った薬が最適とされ、プロペシアは実際にAGA治療でも使われています。
これらには「男性ホルモンを抑制する」働きがあり男性ホルモンもといテストステロンは活発化すれば性欲増進、筋力増強になりますが髪は真逆で活発化すればする程頭皮に存在する物質「5α-リダクターゼ」が男性ホルモンを「ジヒドロテストステロン」に変換し、ホルモン受容体である「アンドロゲンレセプター」が悪作用を起こし毛根サイクルに異常を来たす羽目になり結果として抜け毛や薄毛を経てハゲへと変わって行くのです…それを抑制するために上記3つの出番になりますが抑えた事で副作用としてED(勃起不全)に見舞われる例もあり必ずしも万能薬では無いのが現状です。
性欲が衰えてでもAGAを直したいか、AGAを受け入れて生活するかは貴方次第ですがこの副作用があると言うことは忘れないで下さい。

抜け毛と相談について

「髪をタオルで拭き、そのタオルを見て抜け毛の量が多いんですが抜け毛が進行してきてるのでしょうか?」
そんな質問をよく見かけます。結論から言えば
「AGAによる抜け毛の進行が始まってきている合図です…」
抜け毛が起こる原因として主に
・ストレス
・遺伝
・男性ホルモンが活発化した弊害
・血行不良
・紫外線による頭皮のダメージ
・偏った食生活
・頭皮に合わないシャンプーetc
…抜け毛が起こる原因は候補が多すぎて挙げきれないのが現状です。
遺伝はともかくそれ以外のは体が自分が思っているよりも正直に反応し結果として抜け毛へ繋がる要因を無意識に作っていると言えます。
少しでも生活リズムを改善しない限りは抜け毛は続くと言ってもいいでしょう、このままではイタチごっこです。
しかしどうしても自分で直すにはやはり限界も出てきます。そう感じた時は迷わずに専門医へ相談してみると良いでしょう。
相手は専門医です、きっと細かい部分までチェックし最適な改善策や治療を提案してくれます。
抜け毛に関しては皮膚科でも診察を受けている所もありますのでAGA専門のクリニックが近場にない場合はそっちも頭に入れておくと良いでしょう。

抜け毛と言うのは放っておけばその分進行が進んでしまい取り返しのつかない所までやって来ます。
そうなる前に危ないな・・・と思ったら少しでも改善していくように取り組んでいきましょう。

薄毛と育毛について

私が抜け毛の酷さに気付いたのは今より14年前、30才の時でした。会社の事務所で同僚を待ってる時に何気なく当時使っていた携帯で自分の後頭部の写メールを撮ったところ旋毛から螺旋状に禿げていました。あまりに驚いたので数ヶ月後にアートネイチャー錦糸町支店に相談にいきました。今では脂漏性脱毛症と分かってるのですが当時は毛穴が凄くズームで見れる拡大鏡を使っても原因が判りませんでした。熱心に勧められたのでその場でシャンプー等のセット二点、月一お店に行き施術を受けるという半年育毛コースでローンを組み通いました。
通ってる間は抜け毛の進行が遅れたり髪の毛が生えてきたりてたかも知れないですけど目に見えて実感したと言うことはありませんでした。そのコースが終わると次はTVCMで見たAGAに効くという飲み薬を皮膚科で購入して試してみました。この薬には精子減少、性欲減退等の副作用があるらしく、私の場合は育毛発毛の効果はなく副作用だけが出た様に思われます。リアップも試してみましたが長続きせずいつの間にかやめていました。最近はシャンプーも育毛トニックもサクセスのみを使っています。
タバコも吸うし酒も飲むし、子供の頃から毛も細く所謂ネコ毛だったので禿げるのも仕方ないとは思いますが諦めきれず寝る前に豚から抽出したコラーゲンと亜鉛をミネラル入りの麦茶で飲み、あまり性的なことは考えず男性ホルモンが出るのを抑える様にしてます。

薄毛と相談について

「無縁と思っていた薄毛が急に目立ち始めました…そんな時はどうしたら良いでしょうか?」
こんな相談をよくネットや現実世界でも目にします。薄毛は確かに自分でも見て分かるほど進行していたらそのショックは計り知れません。
そんな相談を私なりにですが答えていこうと思います。

Q:薄毛が目立ち始めたのでいっそ髪型を変えようと思うのですがどれがお勧めでしょうか?
A:髪全体を盛り上げ薄毛を隠すソフトモヒカンや髪全体を短く刈る坊主刈りが比較的薄毛が目立ちにくいです。
特に坊主は自分でバリカンで刈る事も出来るので経済的に安上がりにも繋がります。

Q:坊主にすることに抵抗はないが職業柄で駄目な場合はどうすれば…
A:増毛パウダーと呼ばれる、静電気を利用して薄毛部分の髪をボリュームアップさせるパウダーを振りかければ少なくとも仕事の間は隠し通せれます、水気にも強いので雨や水辺でも大丈夫です。
ただし洗い落とさずそのまま振りかけ続けるとダマが出来やすいので一日使ったら洗い流すぐらいの感覚で使用して下さい

Q:これ以上の抜け毛を止めたいけど無理ですが?
A:無理かどうかは進行具合にもよりますのでAGAの専門クリニックの無料カウンセリングを一度受けてみる事をお勧めします。相手は専門医ですので薄毛や抜け毛に関することは親身に答えてくれるはずです。

こんな感じですが満足頂けましたか?この回答で少しでも気が楽になってくれれば幸いです。

抜け毛とagaについて

薄毛や抜け毛が目立ち始める男性脱毛症、通称「AGA」と言うのは中年男性だけに襲いかかる問題ではなく20代の男性、早ければ10代の男性も「若ハゲ」という名で発症しかねない程重大な症状です。
もしもAGAにかかってしまった場合、どうしたら良いのか?
その最適と思われる策はこちら

「AGA専門のクリニックへ行く」
AGAの疑いがあるなら迷わず専門科へ行ってみましょう。自分だけで判断するには限界があります、ここは専門医と相談して症状や今後の治療法を模索し治して行きましょう。
治療となると保険適用外で数万円代行く事もありますが事前に無料カウンセリングを実施している所も殆どですのでカウンセリングだけ受けて見るのも良いでしょう。

「髪を捨てる」
抜け毛と言うのはAGAが発症する前から少しずつですが毛は抜け落ち、仮に治療中でも恐らく毛は抜け落ちるでしょう…ならばいっそ髪を捨ててしまう坊主やスキンヘッドにしてしまうのも一つの手です。
ハゲが目立ちにくくなるのは勿論ですが丸めた事で清潔感が出て意外にも若々しく見られたりもう隠し様がないのでストレス軽減にも繋がると言ったメリットも存在します。
職業柄NGか抵抗があると言うので無ければお勧めな髪型と言えます。

如何でしたか?AGAになったからと言って諦める事はありません、少しの手段で防げる事はあります。気を落とさずに頑張りましょう。

育毛法について

育毛法ですが、まずラウリル、ラウレス硫酸などの石油系界面活性剤が入っていないシャンプーで髪の毛を洗うことが必須です。石油系界面活性剤は泡立ちが良い代わりに髪の毛がきしみ、抜け毛になりやすいため使うのはNGです。
そして、髪の毛を洗うときはパナソニックの頭皮エステなど電動でマッサージしながら髪の毛を洗ってくれるものを使用します。頭皮エステを使うと髪の毛の皮脂の汚れが確実に取れて、さらにマッサージ効果で頭皮の血行が良くなります。抜け毛が減ってさらに発毛効果まであります。一挙両得だと言えるでしょう。そして、シャンプーやトリートメントなどをしっかりすすぎます。しっかりすすいだらドライヤーで乾かします。乾かすときもポイントでドライヤーを20センチほど離してしっかりと乾かします。ドライヤーを近付け過ぎると髪の毛が傷むからです。
そして、髪の毛を乾かして清潔にしたら育毛剤を頭に振りかけます。振りかけたら、両手の指先で頭皮をマッサージしたり、専用のブラシを使って頭皮を軽く叩いて、育毛剤を内部にしっかりと浸透させます。しっかりと浸透していったら爽快感を感じるはずです。そうしたらやめます。
上記のようにすると育毛効果があります。